TOPICS

FEATURES

GR10K – Buyer’s voice –


今シーズンからSUPER A MARKETで新たに取り扱いを始めたブランド〈GR10K〉。
日本での取り扱いがまだ少ない中、SUPER A MARKETのメンズバイヤーがその魅力をお伝えいたします。
 

ー〈GR10K〉の展示会場に入った時、他にはない高揚感がありました。
使われているハンガーや壁面のプレゼンテーションなど空間演出、ブランドロゴなど。
そして良い意味で、商品ラインナップも定説を無視していて…。このモデルにはこの色のこの素材しかない、みたいな。
あとは色。ダークトーンがベースですが、20SSではブルーやオレンジなど離れていても目を引く色使いが印象的でした。
 
後から知ったんですが、デザイナーのJoshua Brinksman氏は、LN-CCでのバイヤーの経験や〈J.W.アンダーソン〉のプロダクション、マーチャンダイジングも経験していた。
自分が作りたいものと、それをバイヤーやエンドユーザーにどう伝えるべきか、感覚的にわかるんだと思います。
 

ー〈GR10K〉の魅力は、前出の「Grassi10000」というプロジェクトの流れから、デッドストックやセカンドチョイスのファブリックを使えること。これはブランドの強みと個性です。
そして、Them Magazineのインタビューでも語っていたんですが、機能素材を使っていても、その背景に興味があるのではなくて、それ自体が美しい、という理由で素材選びなどをしている。
これってファッションの本質な気がします。
エンドユーザーに袖を通してもらって、初めて価値が出る。
また、ブランドとして「サステナビリティ」を謳わず、長く着れる商品を作ろうとしている。
実はこの二つはイコールで結ばれていて。長く着れるものを作ることこそが、一番のサステナビリティになる。
今のファッション産業への疑問を投げかけているように感じます。
プロダクトはもちろん、そういう考え方がブランドのなの魅力だと思います。
 

 
About|GR10K
広告、編集、映画製作を手掛けていたAnna Grassiが、祖父が1925年に創業した工業向けワークウエア〈Alfredo Grassi SPA〉をもとに、持続可能なプロダクトを制作するプロジェクトとして「Grassi 10000」を開始。
FW2019-20より、JW Anderson、LN-CC等で経験を積んだJoshua Brinksmanによって〈GR10K〉としてリローンチしたブランド。
>>GR10K Official Website

Text:
Yuichiro Tanabe / SUPER A MARKET BUYER

 
 

[展開店舗]
SUPER A MARKET 青山
港区南青山3-18-9
tel : 03-3423-8428
※当面の間、営業時間を下記に変更させていただいております。
11:00 OPEN 〜 19:00 CLOSE(日〜木)
11:00 OPEN 〜 20:00 CLOSE(金・土)



※開催に関しては、状況により変更になる場合がございます。予めご了承ください。