TOPICS

FEATURES

ADISH -Special interview vo.8-


21FWシーズンよりSUPER A MARKET 青山で初の取り扱いとなるイスラエルを拠点とするストリートブランド〈ADISH〉。
今回は、デザイナーである”Amit Luzon”と”Eyal Eliyahu”、アーティスト”Jordan Nassar”にインタビューを行いました。
 
 
Q1.最近買ったファッションアイテムは何ですか?
Have you purchased any fashion items recently?

 
Jordan: 最近〈GmbH〉x〈Trashy Clothing〉のコラボレーションTシャツを買いました。
“Free Palestine”の一環で、収益の全てがパレスチナのLGBTQ団体に寄付されます。
Amit:先月〈Suicoke〉×〈Neighborhood〉のコラボレーションサンダルを購入して、とても気に入っています。
どちらのブランドもディテールやクラフトマンシップに優れていて、好きなブランドです。
Eyal: イスラエルはまだとても暑くて、、数日前に〈Going Places〉という友人のやっているクールなブランドのイージーショーツを購入しました。
Jordan: Lately I’ve purchased the Free Palestine collab t-shirt from GmbH x Trashy Clothing- Where all proceeds will go to LGTBQ organizations in Palestine.
Amit: last month I purchased the Suicoke and Neighborhood sandal collaboration, and since then I cant take them off my feet.
I love both brands and their attention to details and craftmanship.
Eyal: Since the weather in Israel is still super hot I purchased a few days ago a new pair of comfy shorts from a cool brand named “Going Places” which is owned by a close friend- Sagie Maya.
 
 
Q2.あなたにとってのファッションアイコンは誰ですか?
Who is your fashion icon?

 
Jordan: 私の周りにはアーティストの友人が多く、それぞれの独自の個性を持っています。
彼らからの影響が非常に大きいです。
Amit: (良くも悪くも)常に話題の中心にいるアスリートたち。
当時は世間から”奇抜”と形容されていたような、アスリートが試合に臨む時のファッションが好きです。
これは私がスポーツの分野に身を置いていたからだと思います。
ブラジル出身のテニスプレイヤー“Gustavo Kuerten”やサッカーの試合中に観客に向かってカンフーキックをしたことでも有名な”Arik Cantone”などは私にとってのファッションアイコンです。
Eyal: 特定のファッションアイコンはいません。
街中で見かけるスタイルや色使いから不意にインスピレーションや新たなアイデアを得ることが多いです。
Jordan: my friends are the ultimate fashion icons for me, they are mostly artists, and each one has their own style.
Amit: As I come from sports background, it’s usually controversial athletes that maybe used to be called weird in their time in they way they were dressed to matches, but I just loved that. For example, the Brazilian tennis player Gustavo Kuerten, and the football player Arik Cantone.
Eyal: I guess I dont really have a specific fashion icon, I usually get inspiration or ideas from random people on the street and their style or the colors they’re wearing.
 
 
Q3.ブランドとしてこれからチャレンジしてみたいこと、取り組みたいことは何ですか?
What would you like to try in the future as a brand?

 
私たちはパレスチナの古き良きものを扱っています。
私たちが目指すべきは、イスラエルで当たり前のように行われている”Systematic Erasure”(※)によって消えつつあるパレスチナの文化遺産に対してアンチを唱えることです。
ですので、今後もこの地域の手仕事の技術と背景を発掘し続け、できるだけ多くのパレスチナ職人をサポートしていき、職人や伝統へのリスペクトを示したいです。
※73年にも及ぶ紛争の中で、パレスチナの村々はもちろん、何百年にも渡って語り継がれてきたストーリーや職人も消滅してしまっている現状
We work with living crafts that are traditional in Palestine, as our aim is to counter the systematic erasure of Palestinian cultural heritage that is commonplace in Israel. So we will definitely explore more craft techniques in the region, to find more workshops and support as many Palestinian artisans as we can, celebrating these amazing people and their traditions.
 

 
Q4.あなたにとってファッションとは?
What exactly is fashion for you?

 
ファッションとは、自分にとって重要なテーマについて語る媒体、メディアです。
ご存知の通り、私たちの暮らしているイスラエルとパレスチナの地域は狂気的で、ファッションはこの状況を浮き彫りにするツールとして重要であり、(伝統工芸など)ストーリー性のあるプロダクトを通して、クリエイティヴなコミュニティとして繋がっています。
21FWコレクションの中では、ナゲヴ砂漠に住むベドウィン族(※)の手織技術をコレクションに盛り込み、両国の過酷な環境下に身を置く、ベドウィン族のもの作りの素晴らしさを知る機会を用意し、これは我々の取り組みの中で最も素晴らしい取り組みの一つです。
ファッションを通して問題提起することで、難しい問題に対しても、ある意味耳を傾けやすい環境が生まれると思います。
※砂漠の住人、アラブの遊牧民族
For us fashion is a medium we use to talk about subjects that are important to us. We use it as a communication tool to highlight issues in the crazy region we live in, sharing with the creative community through story-telling-driven products. One of the greatest examples is our Fall-Winter ’21 collection which we worked with a Bedouin hand weaving workshop from the Naqab desert, and used the occasion to tell the stories of the Bedouin in Israel and Palestine, who live under terrible conditions. Fashion helps us to tell even difficult stories, but in a way that people will listen to.
 
 
Q5.あなたにとっての”A”は何ですか?
What is “A” for you?

 
どんな分野でも、”A”は”優れていること”であり、私たちにとっても同様です。
手仕事においてもクオリティを保つことが非常に大切で、〈ADISH〉の土台を成すものの一つです。
“Quality comes first(クオリティ第一)”です。
In almost every field the letter A represents excellence, and that’s what it means to us. For us, even if we work with handmade techniques, it’s super important to keep the quality of the product at the highest level. It’s one of the fundamental values of our brand- Quality comes first.
 

 
About|ADISH
〈ADISH〉は、テルアビブを拠点とする、イスラエルとパレスチナのクリエイター集団によるストリートブランド。
イスラエル人デザイナー”Amit Luzon”と”Eyal Eliyahu”、パレスチナ系アメリカ人アーティスト”Jordan Nassar”、パレスチナ人”Qussay”の4人で構成される〈ADISH〉は、中東の文化とハンドクラフトを融合させ現代的な解釈を加えることで、長年に渡り社会的・政治的な対立に変化をもたらし続けている。
〈ADISH〉のすべてのコレクションは、パレスチナの手縫いの刺繍やかつてこの地に住んでいた遊牧民族ベドウィンの伝統的な製織技術など、地域の土着のデザインを用いながら、そこで活動する刺繍作家や職人、工場などとともに生み出すことをミッションとし、これまでに100人以上の女性の職人たちともコラボレーションしている。